FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

益田ミリ 『泣き虫チエ子さん 4』 集英社、2015。書評改め、ふたたび。

「幸福論」と「努力論」としての『泣き虫チエ子さん』

 自宅で靴の修理をしている旦那さん(サクちゃん)と、会社で秘書をしている奥さん(チエ子さん)との何気ない日常を描いた夫婦の物語、シリーズ「第4巻」=完結編だ。

 何気ない日常が、いかに「何気なくない」か「あたりまえではない」か。かつて「何でもないようなことが幸せだったと思う」という歌謡曲の歌詞があったが、この作品ではまさにその「何でもないことが幸せである」という「幸福」が描かれているコミックである。

 そのうえで、何でもないようなことをチエ子さんとサクちゃんの「智慧」や「工夫」と「努力」で、日常を非日常のイベントとしてとらえ、仲よしの夫婦の生活が描かれている。近づきすぎず、離れすぎず、適度な距離を取りながら、仲良く生活を送っている。

 「何でもないことが幸せである」ということは、普段は「何でもない」ことなので、気づかれないことが多い。その何でもないことを「幸せ」と気づいたり、何でもないことに幸せを見出したり、「今が幸せであると自覚している」チエ子さんだが、「今」が幸せであることを自覚することはなかなか難しいことであり「努力」が必要だと思う。

 時にチエ子さんは考える。「自分のこの先の人生に/悲しいことが待ち受けているかもしれない/そんなことは誰にもわからない/この幸せがずっとつづくのかどうかなんてわからない/努力ではどうにもならないことも きっとあるに違いない/けれど/けれど努力できるところは努力していくしかなくて/その努力は実は『ありがとう』とか『ごめんなさい』っていう言葉からはじまっていたりするのではないかな/ってチエ子さんはふいに感じたのでした」(pp.38-39)。

 チエ子さんもサクちゃんも、幸いへ向けて「何でもないようなことを」待っているだけではない。お互い夫婦関係のメンテナンスをしている夫婦でもある。たまに夫婦でボードゲームをしたり、チエ子さんが一人で過ごす時間(カフェ)などを大切にしたり、チエ子さんがサクちゃん(夫)以外の男の人(会社の後輩)と食事したりと、スーパーへの買い物をデートと位置付けたり、サクちゃんの寛容さ、チエ子さんの工夫といった、夫婦関係を仲良く保つような努力をしていることも忘れてはならない。子どもがいなく、二人暮らしのため喧嘩したときの仲裁に「ぬいぐるみ」に入ってもらうなどというユーモアも忘れない。正月には夫婦のどちらかが気を使わないよう、それぞれの実家へ帰って別れてのんびり過ごすような工夫もある。

 ただ単に「何でもないようなこと」を待っているだけではないのだ。そこがこの夫婦がうまくいっている一つのカギでもあるのだ。サクちゃんもチエ子さんもただ待っているだけではなく、いろいろ努力しているのだ。「努力したうえで、幸せに気づく」という、ひとつの夫婦の「幸福」の姿がそこにはある。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

益田ミリ『泣き虫チエ子さん 4』 集英社、2015。

昨日、発売された益田ミリの新刊、『泣き虫チエ子さん 4』を読んだ。
ずっと発売されるのを待っていた。予定日の一日遅れで書店に入荷したようだ。

1巻から読んできて、今回の4巻で完結だ。

この『泣き虫チエ子さん』シリーズは、日常の何気ない生活がどんなに幸せなもの
であるかを再確認させるものである。
今回の4巻もやはり読んでよかった。楽しみにしていた甲斐があったというものだ。

夫婦二人で生きていく知恵や、楽しみをいうものが詰まった作品であった。
楽しく素敵に過ごすすべやアイデアもちりばめられているのだ。

僕はすごく好きな作品であった。完結してしまったのが、惜しい。
何度も読み返すに堪えるコミックエッセイである。







益田ミリ著 『泣き虫チエ子さん 2 』



当たりまえを当たりまえと思わない、ということ。

「すーちゃん」シリーズの益田ミリの本といえば、ちょっと説教くさいとか教訓めいているとか思う人もいると思うが、この「チエ子さん」シリーズはちょっと違う。

 そういう面もないわけではないが、夫のサクちゃんと仲良く暮らすチエ子さんの夫婦二人の物語だ。説教くささはない。そんな夫婦の物語の第二弾だ。

 仲良し夫婦の何気ない日常を切り取って、大事なもの、大切なもの、当たり前で見えなくなってしまうような何ものかを浮き彫りにする。日常のささやかで小さな幸せを描いているのが、この「泣き虫チエ子さん」のテーマともいえる。

 この小さな幸せは見過ごされがちではあるが、チエ子さん、あるいは益田ミリの視点からそれが抽出される。教訓めいてはなく、押しつけがましくなく、日常の幸せを描いているという点が、この「泣き虫チエ子さん」での益田ミリの真骨頂といえる。

 夫婦二人で過ごしている何気ないことが、実は大切で、愛おしいものであることに気づかせてくれる。私もそんなふうに当たりまえのことを当たりまえと思わず、感謝して生きていきたいものだ。









にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

業田良家著 『ロボット小雪 新・自虐の詩』

「世界中の向こう岸を解放したい」

物語は近未来の日本と思われ、人々はロボットとの恋愛に夢中になっている。生身の人間より何でも言うことの聞く、言わば理想形のロボットと疑似恋愛をする。主人公・拓郎の恋人であるのが、もう一人の主人公、ロボット・小雪だ。

 この小雪というロボットが「心」を持ってしまうことから、この物語は大きな山場を迎える。

 そんなロボットと暮らすほど裕福な社会がある一方、「向こう岸」と呼ばれる言わば「スラム街」が登場する。そこは、ロボットの維持費より使い捨ての人間の労働力の方がよっぽど安上がりな世界だ。経済的に一度踏み外すと、「向こう岸」で暮らすしかなく、「こちら側」には戻れない。

 その「向こう岸」には、「分子力発電所」という施設がある。株の大暴落でお父さんの会社が潰れ、「向こう岸」に家族で行かざるを得なくなった拓郎の親友・広瀬が、その劣悪な労働条件下で働くことになる場所だ。母はゴミ山で缶を拾い、父は仕事にありつくことができず、「赤血球」を売ったり腎臓を30万円で売ってしまったりする。

 広瀬は、分子力発電所での日雇いの労働者から、次のような言葉を聞く。
「富を作り出すには3種類の方法があるべや/ひとつは地球から搾り取る方法/石油・資源・水・作物すンべて地球から取り出したものだべ?/あとは人間/俺たち下っ端の人間から時間と労力を搾り取るべさ/最後に未来の子供たちから搾り取る/国の借金、自治体の借金/手にするのは現在のお金持ち、支払いは未来の子供たち…」(p.133)。

 「向こう岸」とは、人間をモノとして扱い、「下っ端の人間から時間と労力を搾り取る」システムのことだ。「向こう岸」は生きるために犯罪が絶えず、生きるためにはどんなことでもしないといけない街だ。人間が「生きるか死ぬか」の二者択一のギリギリで生きていく場である。その社会では事件があろうとも決してニュースになったりすることのない社会だ。正しい情報が報道されない、むしろ隠蔽される社会だ。

 拓郎たちのいる社会は「向こう岸」があるにも関わらず、「向こう岸」を見ようとしない。「何か大変なところ」、「こわいところ」、「負け組」の行くところ、という認識くらいしか人々は持ち合わせていない。自分たちとは無関係な場所であると。

 ロボットの小雪はこう言う。「私はこんなひどい世界を変えるつもりです/ロボットの私がこんなことを考えるのはいけないことでしょうか/でも人間にはこの社会を変えることはできないと感じています/だから私がやるしかありません」(p.166)と。

 小雪はなぜ、どうして「でも人間にはこの社会を変えることはできないと感じて」いるのか。今の私たちが考えなくてはいけない問いではないのか。

 そんな「向こう岸」に疑問を持ち、なぜ貧富の格差があるのか、どうしたら解決するのかと真摯に考え行動するのが、心を持ってしまったロボット・小雪なのだ。「世界中の向こう岸」を解放したいと考え、実際に小雪は行動に出る。今ここにある「向こう岸」の人々を解放することから。

 「情報は世界を変えます/それが真実の情報ならなおさら」(p.151)とロボット・小雪は語る。


 本書は、業田良家の漫画、2008年の作品。

(2011.7 BK1へ)







にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

新装版『寄生獣』

新装版『寄生獣』岩明均

アニメ版として放送していたり、映画化が決まったりしていて再度注目を浴びている
漫画の『寄生獣』。リアルタイムでは読んでいないので、この際、新装版として発売されている
『寄生獣』をぜひとも読みたいと思っています。1巻を買いました。

哲学者の鶴見俊輔氏は、漫画、本を含めて「戦後の10本に入る」との評をしていました。
10巻本になる予定のようですが、7巻までは出版されているようです。8~10巻は10月9日発売予定のようです。

ちなみに、同著者の『ヒストリエ』は7巻まで読んでいて、今後が楽しみです。









にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
プロフィール

mamu895

Author:mamu895
トーシツの持病(障害)を持っていることもあり、非正規で働くアラフォー男です。なかなか本は読めないし、書評も思うように進みませんが、本は好きなので読んで良かったと思う本・感動した本を紹介していけたらなと思います。今後読みたい本なども書いていけたらと思います。最近になり改めて公共図書館の魅力を感じています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。