FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうの史代 『夕凪の街 桜の国』

悪意なき差別とどう対峙すべきか

この物語は、ただ広島の原爆の悲惨を描いただけのものではない。悲しみを描いただけでもない。読んでいくと、原爆とは何か、原爆の残したものとは何なのか、戦争とは何なのか、そのことを根本から問おうとしているように思われた。
 前置きに「広島のある日本のある世界を愛するすべての人へ」(p.4)という作者の言葉があるが、広島を契機として、「ヒロシマ」、さらに人間社会の混沌としていてドロドロした矛盾、不条理、見たくないものを見つめた作品だと感じた。

 『桜の国』の章で、僕の心に残ったのは、息子を思う母親から出た、

「…あんた被爆者と結婚する気ね?」(p.84)
「何のために疎開さして養子に出したんね?」(同)
「なんでうちは死ねんのかね」(同)
「うちはもう知った人が原爆で死ぬんは見とうないよ」(同)。

 たった、一ページにある母親の言葉だ。

 広島で原爆を受けた母親がさらに、息子の結婚したいという被ばくした女性に対して反対しようとする場面だ。同じ被ばくという体験をしてきた女性が、同じく被ばくしてきた女性を差別しようとしている矛盾、不条理。
弱いものが、さらに弱いものを否定する。しかし、これは悪意のある差別ではない。理由のある善意があるからこその差別といってもいいだろう。人を思う気持ちがあるからこそ、息子を思う気持ちがあるからこその言葉であり差別だ。

 原爆を受けたという苦しみや痛み、だが「死ねなかった」という思い、皆が死んだ中で今も生きていていいのだろうかという煩悶、そういうことを味わった人間から出てきている言葉だ。

 僕は、現時点でこの言葉を受け入れることはできない。が、しかし否定することもできない。答えがあるわけでもない。この言葉が正しいか正しくないかもわからない。正しいとか正しくないとかで判断できるものでもないのだろうとも思う。唯一できることは、この言葉の持つ意味を考え問い続けることだと思う。
 
 この言葉をどう受け止めていけばいいのか、どう向き合っていけばいいのか、どう対峙していけばいいのか。ずっと問い続けなければいけない。少なくとも僕はそう感じた。
スポンサーサイト

金子哲雄 2012『僕の死に方 エンディングダイアリー500日』小学館。


「流通」から見つめた死  

 本書はテレビでもおなじみだった流通ジャーナリスト金子哲雄さんが肺カルチノイドという難病で、宣告されてから死に至るまでの500日をつづったものである。
 
 金子さんは、明石家さんまさん司会の『ほんまでっかTV』などでも、ちょっと笑える明るいキャラクターとして売っていたように思うが、実はその裏では、綿密な調査と真剣さをもって取材に取り組んでいたことが明かされている。
 
 本書の特徴はこうだ。金子さんががんを宣告されてから、「もともと私は、明るいキャラクターで通っている。『俺、がんだから』なんて告白は、周囲の皆さんに気をつかわせてしまうだけではないか」、「がんであることを公表してしまうと、関係者には多大なご迷惑をかけることになる」(p.14)との考えから事務所・家族など一部の人だけに告白して、一般的には告白しないでおこうとしたものだ。その大変さと深く死について考えてきた金子さんの思いがつづられている。

 自身の生い立ちから、家族のこと、奥さんのこと、流通ジャーナリストを目指した訳、そして仕事のことなど、普段のキャラクターからは考えられないほど真摯な金子さんを見出すだろう。

 実際に自分が「死」を宣告されたとき、現実的な生々しいものとして受け入れることができるのだろうか。死を覚悟したうえで生きることは難しいに違いない。しかし、実際に死を受け入れ最期まで前を向いて生きぬいたのは、金子さんの生き方ではなかったか。職業柄、死に至る病を隠してはいたが、最期に本書を「エンディングダイアリー」として書いたのは、自分の死を見つめ、対峙し、社会とのつながりを最後まであきらめないその姿勢からだった。
自分の死をも「流通ジャーナリスト」として発信したのだ。

 「私を死の恐怖から救い出してくれたのは、仕事だった」(p.143)。

 在宅での終末期医療、葬儀での食事のことなども金子さん自らが納得したものをと思い準備をしたりしていた。自分の死への準備から、地域医療の問題点を考えたりもしていた。延命治療はしないというのが金子さんの思いだった。「肺カルチノイド」という聞きなれない病名をあえて皆に知ってもらいたいため、死因にしてほしいという要望も生きているときにしていた。葬儀、や戒名に至るまで死ぬ前に手を打ち、プロデュースしていた。

 最期の最期まで自分の「死」までも「流通ジャーナリスト」としての視点で見つめていた。それは、「息が絶える瞬間まで仕事をすることで、社会とのかかわりを持ち続けたい」(p.156)との思いからだった。
 
 遅ればせながら、金子哲雄さんのご冥福をお祈りいたします。








にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

中村うさぎ著 『こんな私が大嫌い!』

<自分>と距離を持つ生き方のススメ

 『みすず』3月号、読書アンケートで、『おひとりさまの老後』の社会学者・上野千鶴子が、中村うさぎのこの本を紹介していた。中村うさぎは読んだことはなかったが、理論社の「よりみちパン!セ」シリーズであり、上野氏ご推薦ということもあり、さっそく購入して読んでみた。

 中学生向けに書かれたものであり、ルビも振ってあり、大変読みやすい「よりみちパン!セ」シリーズだが、この本の中村うさぎも、難しいことをわかりやすく語っている。難しいことを難しく言うことは誰にでもできるが、難しいことを大変わかりやすい言葉で表現することはそうそう簡単にできるものではない。

 この本において、中村うさぎは「自分を嫌いにならない」ために「自分を好きになりすぎない」「自分に距離を置く」という到達点に立っている。自意識とどう向き合っていくか、ということを自らの経験に基づきながら筋道を通してわかりやすく説明している。

 中村は、「自分嫌いの人」というのは、本当はすごく「自分好き」なのではないかという仮説を立てている。自分を好きだからこそ、自分が傷つくのが怖い。こんなのは自分ではない。自分はもっとできるはずだ、という自分に対する過大評価である。

 中村は、長所・短所を取り上げて、それぞれはコインの表と裏であるということを言っている。あえて難しい言葉を使って表現してみると、自意識(アイデンティティ)のもつ両義性(アンビヴァレント)について語っている。このことを読者である中学生でもわかるように説明している。先に述べたとおり、難しいことを難しくいうことはたやすい。だが、わかりやすい平易な言葉で述べるということをやってのけている著者に脱帽するほかない。
 「私に言えるのは、ふたつだけ。『自己評価』というものが、いかに主観的で一人よがりで間違ってるかという事実を、ちゃんと自分でわかっておきましょう、ということ。そして、そんなものに振り回されて自分が大嫌いなんて思っている自分を外から眺めて、『まーた、そんな大げさに悲観して。アホやなぁ』って笑ってあげる訓練をしてみよう、ということ」(p.73)。それだけで、僕らはずいぶん楽になる、と。

 中村がこうした思考にたどりつく道のりはそう簡単なものではなかった。そんなことを中村自身の歴史をたどりつつ、またゲイ(「オカマ」)の友人の話を交えたりしながら説明している。

 語りかける読者は中学生だが、大人が読んでも目からうろこの一冊だ。私も<自分>との付き合い方を考えさせられる大切な一冊となった。

(2010/02/19 BK1へ)







にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

やなせたかし 『絶望の隣は希望です! 』

 勇気と希望をありがとう

 この本は、漫画家のやなせたかしが半生を語ることにより、生きる智慧や哲学、また勇気を与えてくれるものだ。陸前高田の「奇跡の一本松」に90歳を超えてなお現役であった自分をなぞらえて語られている。私はこの本を読んでいくうちに勇気をもらい、元気になっていくのを感じた。

 40代の私が、仕事で失敗するたびに思うことを言い当てて、励ましてくれているように感じた、その言葉を引用してみる。

 「人間は落ち目になると、不思議と悪いほうへと考えがいってしまうものです。40代の頃の僕がそうでした。どうしても自分は認められないのかと、時には心がいじけてしまいました。ひとつの失敗を、10の失敗をしたかのように捉える自分がいました。しかし、肝心なのは、心動ずることなく明日を信じる勇気をいかに持つかだと思います」(pp.240-241)。

 「心動ずることなく明日を信じる勇気をいかに持つか」、これはなかなか難しいことだと思う。失敗してもいいんだよ、時にはくじけてもいいんだよ、と励ましてくれるやなせたかしの言葉は、私だけではなく多くの人が勇気づけられるだろう。

 「朝の来ない夜はない。朝は必ずやってくる。だから苦境のときにも慌てることはない。夜の間に、次の姿勢を考えればいいのです。苦境といっても、命まで取られるわけではありません。こうして生きていることをよしとして、そこまで達観する図々しさも必要なのです」(p.241)。

 やなせたかしは、決して希望の中、順風満帆の中を歩んできた人ではない。挫折や絶望、失意の中、家族の死、妻との死別などを経て生きてきた人だ。一度は自殺をも考えたという。だから、彼の言葉には説得力があるのだと思う。

 やなせたかしさんの訃報に接しての読書だったが、やなせさんから大切な贈り物をいただいた気がする。








にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

西原理恵子 『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

 この本は、漫画家・西原理恵子の「カネ」をめぐる自伝的性格の強いエッセイである。

 西原が人生を語ろうとするとき、「カネ」を中心に考えざるを得ない。世の中(社会)が、「きれいごと」では済まされないこと、またハウツーもののお金の話とは全然違う、「カネ」で得た「知恵」を子どもたちに語るようにおしゃべり口調で語っている点が読みやすくすぐれている。またそこが本に説得力を与えている。子ども向けに書かれた本ではあるが、大人が読んでも非常におもしろく、ためになり、またサイバラファンが読んでも西原の自伝的要素が強いので、楽しめる一冊だ。

 自分の子ども時代のことから、自分が美大の予備校時代から出版社に営業に回ったこと。エロ本のカットを書くところから始まり、漫画家として自立していく過程。また今は亡き夫の鴨志田穣と回ったアジアの地域の子どもの「カネ」と「働く」という関係と生活状況。またバングラデッシュのグラミン銀行のことにいたるまで、語られている。

 自分のことを語りながらも、世界にも目を向けており、日本社会のことだけを語っていない点がすぐれている。日本社会を相対化して見ている点が考えさせられるところだ。日本における若者の「働く」ということに関してだけでなく、世界はどうなのか、という視点からも語られているため、日本はまだまだ恵まれた環境にあるのだ、ということを再確認させられる。

 「カネ」を中心に、「働く」ことや「自分探し」ということを突破できるのではないかと西原は考える。今、「何のために働くのか」「自分は何がしたいのか」「働くとはどういうことなのか」ということに悩んでいる人に本書を読んでもらいたい。「カネ」を中心に考えることによって、「働く」ことへのヒントや智慧がたくさん詰まっている。

 あとがきで西原はこう言っている。 
 「働くことが希望になる――、人は、みな、そうあってほしい。これはわたしの切なるねがいでもある。/覚えておいて。どんなときでも、働くこと、働き続けることが『希望』になる、っていうことを」(p.235)。

(ページは、理論社から出た「よりみちパンせ」シリーズのものです。)







にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

プロフィール

mamu895

Author:mamu895
トーシツの持病(障害)を持っていることもあり、非正規で働くアラフォー男です。なかなか本は読めないし、書評も思うように進みませんが、本は好きなので読んで良かったと思う本・感動した本を紹介していけたらなと思います。今後読みたい本なども書いていけたらと思います。最近になり改めて公共図書館の魅力を感じています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。