スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡本太郎 『自分の中に毒を持て』

「芸術は爆発だ」の意味するもの

 岡本太郎の私の印象は、晩年のテレビや雑誌での「自由奔放なおじさん」、あるいは、テレビCMでの「芸術は爆発だ」で有名な芸術家であり、タレントとしてのイメージが強い。そして、その「芸術は爆発だ」という言葉が岡本太郎というキャラクターとともに、作品よりも残っていた。

 今日、「生誕100年 岡本太郎展」が催され、展覧会を取り巻く様子からは、岡本太郎が再評価され、また人気の高さが伺い知れる。

 そんな中、私も展覧会へ行ったり、数冊、岡本太郎の著作を買い求めたりした。その中の一冊が、『自分の中に毒を持て』で、今回取り上げるものである。これは太郎の芸術に関する考えを知るには大変参考になる一書である。また太郎から、常識を疑うモノの見方と、生きる力をもらうことができる一書でもあるだろう。

 そんな点で、本書の重要な論点はたくさんある。が、ここでは、太郎の有名な「芸術は爆発だ」という言葉の真意はどこにあるかを考えてみたい。

 私は、太郎の言う「芸術は爆発だ」は、物理学でのビッグバンのようなもので「僕らにはよくわからないもの」で専門家=芸術家、あるいは岡本太郎の「記号」のように思えていた。その言葉の真意はわからなかった。
 
 また、一般に「爆発」というと、周囲を含め破壊するというイメージが強い。今回の「生誕100年」の展覧会は、権威や既存のものとの「対決」というものをキーワードとして企画されている。確かにそのような「破壊的」意味でも使われることもあるだろう。が、実は太郎の真意はそこだけではない。

 太郎はこう言う。「いま世間で芸術と思っているのは、ほとんどが芸術屋の作った商品であるにすぎない」(p.190)とし、「芸術というのは生きることそのものである」(p.190)。「人間として最も強烈に生きる者、無条件に生命をつき出し爆発する、その生き方こそが芸術なのだということを強調したい」(p.190)。あるいは、太郎の言う爆発とは「全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと」(p.191)だ。

 これらの文章だけ抜き出すと、少々抽象的で感覚的だ。言い換えてみれば、太郎の「芸術は爆発だ」という言葉は「既成(あるいは権威)の価値を壊す」という「対決」という意味合いとともに、「芸術は人間の内側からの爆発=自己の内面を解き放つこと」であり「本当に生きがいを持って瞬間瞬間に自分をひらいて生きているかどうか」(p.216)だ。
 
 「芸術というのは生きることそのものである」(p.190)。「その(人間の)生き方こそが芸術なのだ」(p.190)ということを太郎は強調する。ここでも「芸術」の意味はいささか抽象的な意味のようにも思えるが、本書を始めから読んでいくと、「ああ、そうなのか」と納得してしまいそうになる。だが、ここで、わかった気にならず、ぐっとこらえて「太郎の言葉」を私たちは、自分の生活の場(文脈)に置き換えてみる必要がありそうだ。以下のように太郎は言う。

 「繰り返して言う。何度でもぼくは強調したいのだ。すべての人が芸術家としての情熱を己の中に燃えあがらせ、政治を、経済を、芸術的角度、つまり人間の運命から見かえし、激しく、強力に対決しなければならない」(p.204)と。たとえ一面、芸術家でない「僕たち私たちも」、その芸術家としての情熱を持ちつつ、政治や経済、あるいは、さまざまな「社会のシステム」に対峙せよ、という太郎の思いが込められているのだ。

(2011.5 BK1へ)







にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

『画家たちの二十歳の原点』

二十歳という季節を生きた画家たちの記録

本書は、平塚市美術館をはじめ、今年2011年春より巡回した「画家たちの二十歳の原点」という企画展の公式図録兼書籍である。

 この展覧会は、「『独りであること』、『未熟であること』、これが私の二十歳の原点である」、という言葉で始まる高野悦子の『二十歳の原点』(新潮文庫)を意識的に企画に入れている。二十歳のころ「日記」を書いた高野悦子は、1960年代の学園紛争を背景にして、常に自分を見つめ、社会と対峙し、真摯に生きた。しかし、自ら「死」を選んだ人物である。

 私は学生時代、高野悦子のこの「日記」に「真実の叫び」を聞いたように思い、自分も高野悦子のように真摯に生きたいものだと考えた。そんな懐かしい思いや、タイトル(画家たちの二十歳の原点)の本でもあったこともあり、好きな画家、興味ある画家の二十歳のころの作品と言葉が並べられており、思わず手にしてしまった本だ。

 本書は、明治・大正・昭和・平成と別々の時代を生きた日本の画家たち、54人の二十歳のころの作品に、その頃の言葉を同列に並べている。いささか荒っぽくもあるが、企画としては画期的であるように私には思える。評価はさまざまな画家たちが、二十歳ごろに悩みながらも真摯に生きたさまが、絵から言葉から伝わってくるはずである。まだ展覧会には行ってはいないが、本書を読むと、この企画の興味深さを感じる。

 図録兼書籍であるため、前半は54人の画家たちの作品と言葉を中心に構成されている。後半は作品と略歴などになっている。横尾忠則、大竹伸朗、会田誠、山口晃など、現代を代表する作家たちの書き下ろしのエッセイも収録されている。作家たちを一部紹介すると、黒田清輝、熊谷守一、岸田劉生、佐伯祐三、関根正二、松本竣介、草間彌生、池田万寿夫、さらには近年注目を集めている石田徹也などが同列に並べられている。

 このような企画でなければ、同列に並べられることのないだろう画家たちの作品が、「二十歳の原点」という共通項でくくられている。画家たちの二十歳のころの不安や悩み、孤独と焦燥感、真摯に生きたさまがないまぜになっている作品群と言葉たちに触れることができる一書である。








にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
プロフィール

mamu895

Author:mamu895
トーシツの持病(障害)を持っていることもあり、非正規で働くアラフォー男です。なかなか本は読めないし、書評も思うように進みませんが、本は好きなので読んで良かったと思う本・感動した本を紹介していけたらなと思います。今後読みたい本なども書いていけたらと思います。最近になり改めて公共図書館の魅力を感じています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。