スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうの史代 『夕凪の街 桜の国』

悪意なき差別とどう対峙すべきか

この物語は、ただ広島の原爆の悲惨を描いただけのものではない。悲しみを描いただけでもない。読んでいくと、原爆とは何か、原爆の残したものとは何なのか、戦争とは何なのか、そのことを根本から問おうとしているように思われた。
 前置きに「広島のある日本のある世界を愛するすべての人へ」(p.4)という作者の言葉があるが、広島を契機として、「ヒロシマ」、さらに人間社会の混沌としていてドロドロした矛盾、不条理、見たくないものを見つめた作品だと感じた。

 『桜の国』の章で、僕の心に残ったのは、息子を思う母親から出た、

「…あんた被爆者と結婚する気ね?」(p.84)
「何のために疎開さして養子に出したんね?」(同)
「なんでうちは死ねんのかね」(同)
「うちはもう知った人が原爆で死ぬんは見とうないよ」(同)。

 たった、一ページにある母親の言葉だ。

 広島で原爆を受けた母親がさらに、息子の結婚したいという被ばくした女性に対して反対しようとする場面だ。同じ被ばくという体験をしてきた女性が、同じく被ばくしてきた女性を差別しようとしている矛盾、不条理。
弱いものが、さらに弱いものを否定する。しかし、これは悪意のある差別ではない。理由のある善意があるからこその差別といってもいいだろう。人を思う気持ちがあるからこそ、息子を思う気持ちがあるからこその言葉であり差別だ。

 原爆を受けたという苦しみや痛み、だが「死ねなかった」という思い、皆が死んだ中で今も生きていていいのだろうかという煩悶、そういうことを味わった人間から出てきている言葉だ。

 僕は、現時点でこの言葉を受け入れることはできない。が、しかし否定することもできない。答えがあるわけでもない。この言葉が正しいか正しくないかもわからない。正しいとか正しくないとかで判断できるものでもないのだろうとも思う。唯一できることは、この言葉の持つ意味を考え問い続けることだと思う。
 
 この言葉をどう受け止めていけばいいのか、どう向き合っていけばいいのか、どう対峙していけばいいのか。ずっと問い続けなければいけない。少なくとも僕はそう感じた。








にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

(2009.6 BK1)
スポンサーサイト

現代思想2011年12月臨時増刊号 総特集=上野千鶴子

まるごとの人間としての上野千鶴子論

 「泣く子も黙る」、「ケンカの強い」、「おひとりさまの」、そんな形容詞がつきそうな上野千鶴子を特集した雑誌が出た。まるごと一冊、上野千鶴子についての本だ。

 執筆陣は、日本のフェミニズム(女性解放運動)の先駆的役割を果たしてきたころからの仲間(女性)たち、また鶴見俊輔、見田宗介、樋口恵子ら重鎮たち、ジェンダー論を共に牽引してきた江原由美子、あるいは社会学の俊英・立岩真也や小熊英二といった研究仲間。『逝かない身体』の川口有美子、『リハビリの夜』の小児科医・熊谷晋一郎に至るまで、50人ちかくにも及ぶ人々より構成されている。

 研究者としてだけでなく、教育者としての上野。教え子たちの座談もある。教え子、あるいは上野と接近遭遇した執筆陣それぞれの上野への「思い」みたいなものも加味され、著作だけからでは伺い知れない「まるごとの人間として」の上野千鶴子像も浮かび上がる。そういう私的側面を垣間見ることができ、私みたいな私淑の徒(というよりもファン)にとっては、たまらない一冊でもある。

 もちろん上野の公に出版された著作の位置づけや、裏話あるいは、その著作の目的といったことも語られたりする。例えば、ベストセラーになった『おひとりさまの老後』だが、その狙いは、「ネガティブ一色だった単身高齢女性イメージの転換」をはかることで、「確信犯的に恵まれた層をとりあげた」ということが、小熊英二との対談によりわかったりする。

 つねに「戦略的」「挑発的」「論争的」「確信犯的」に発言したり書いたりする上野なので、誤解や批判も多いが、この特集が今後、学問分野を超えて、ジェンダー研究やフェミニズムに大きな力を与えるとともに、上野千鶴子を正当に評価する一つの材料となることを願う。







にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

(2011.11 BK1)

伊藤 順一郎 (監修), NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ) (監修) 『 統合失調症の人の気持ちがわかる本』

統合失調症の人の<気持ち>がわかる

 本書の特筆すべき特徴は、統合失調症の症状や病気の解説だけではなく、統合失調症の当事者本人の<気持ち>に焦点をあてていることである。病気の当事者や家族の「気持ち」を知ることで、当事者本人がどのように家族や社会の中でつながることができるか、より実践的なヒントがたくさん詰まった新しい視点を持つ本である。

 また、この本は統合失調症の本人やその家族からのアンケートをもとにして編集されているため、専門家の知見だけでなく、当事者がどういう場面で、何に悩み、何に苦しみ、何に戸惑っているのかという本人の「気持ち」を客観的に読み取り、それを重視して書かれている。統合失調症の人が、治療、リハビリ、社会復帰を目指す際にぶつかる「壁」として、「周囲の理解不足」「社会の偏見」「将来への不安」の3つをあげている。その壁をどうやって乗り越えていくかという具体的な工夫とともに、「リカバリー」という考え方が提案されている。その考え方は「単に『症状がなくなることを目指す』という一元的な見かたではなく、周囲のサポートを受け、薬を使いながら、自分らしく生活できるよう目指すということを表して」いるという。

 決して抽象論ではなく、具体的な事例や具体的な場面において、本人や家族がどう向き合うか、また本人がどう地域や社会と向き合っていくかという実践的なヒントが提示されている。例えば統合失調症の人は「なぜ服薬をやめてしまうのか(どうしたら服薬を続けられるか)」、「医者とどうつきあうか」、「病気のことをオープンにするか、クローズドにするか」など、多くの当事者が戸惑う場面において、実際に統合失調症の人たちがどう対処してきたのか、アンケートから経験を踏まえた上での解決策のヒントが詰まっている。

 統合失調症を発症してから15年以上生きてきたものとして、こういう本が出てきたのか、と感慨深く読んだ。また私も参考になるヒントがいくつか見出せた。専門家の見方ばかりではないし、当事者だけのものとも違う、専門家と当事者双方の見方を備えた、わかりやすくて、秀逸な一書である。








にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


(2010年BK1)

益田ミリ『結婚しなくていいですか。 すーちゃんの明日』

30代後半の女たちの「いとおしい」言葉たち

 スローな、ゆったりした感覚を覚える独特なマンガだ。特別、劇的な何かがあるわけでもなく、二人の女たちの日常生活を描いている。ゆったりとした物語の中にちりばめられた言葉たちに、時々はっとさせられる。それは独白の形をとったり、ふとしたときに思ってしまったりした言葉たちである。

 すーちゃんは、35歳。一人暮らし。独身。彼氏なし。ある日、遺言の本を買ってくるが、自分が心配しているのは「死んでからではなく」、「老いている自分」(35)だと気がつく。

 すーちゃんの言葉で残っているのは、
「月1万円を老後の貯えにしていけば……老後が、遠い未来が/今、ここにいる/あたしを/きゅうくつにしている」(8)、
「『元気で長生きがいちばん』ってもしかしたら誰かをキズつけている言葉なのかな」(100)、など。

 すーちゃんの先輩のさわ子さん。さわ子さんは、お母さんとおばあちゃんと3人暮らし。40を目前にした独身の女性だ。お母さんとさわ子さんとで、おばあちゃんを介護してくらしている。おばあちゃんを介護しながら、おばあちゃんに自分の気持ちを吐露している。おばあちゃんは、娘のことすらもわからない認知症だ。

 さわ子さんの言葉で残っているのは、
「老いていくのは仕方ないけど、ただ、セックスはしたい/あたしのからだをもっと謳歌しておきたい」(25)、
「どの時点が、大人の完成形なんだろう?」(20)、
「老いていくのもひとつの成長なのかな」(84)、
「汗はともかく、血を流しながら/女は働いているのです」(54)、
「女からも、日々こまごまとした/セクハラを受けているわけで」(55)、
「産め産めって気軽に言うけど/あれって/命かかってんだぜ~」(56)、
などである。

 二人に共通するのは30過ぎの女たちの「不安」である。
日常の時の流れの中での、ふとした独白が印象的なマンガである。


(ページは単行本バージョンのものです。2008年11月にBK1に投稿。)











にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

向谷地 生良『べてるな人びと 第1集』

 障害と付き合うすべを「研究」し、自分との付き合い方を「発見」する

本書は、北海道の浦河で暮らしている精神に障害を持つ人々の拠点となる「べてるの家」を中心にした(統合失調症患者を主とした)人々の「当事者研究」のことを平易な言葉でわかりやすく、かつ大胆に論じているものである。少々大胆すぎて現在の精神科医療の主流ではないが、それを訴えている点が本書のすぐれた点であり、かつ注目すべきところである。
 
 「べてるな人びと」は、自ら「病名」をつけ、「当事者研究」を「楽しむ」。たとえば、「思考伝播」を「統合失調症サトラレ型」と名付ける人、「STBB症候群(S=シャイで、T=ツッパリ、B=ビクビクして、B=爆発=問題を起こす)」や「精神バラバラ状態」であるとか「統合失調症週末金欠苦労タイプ」など、さまざまである。それぞれに個性があり、統合失調症の症状の現れ方も十人十色といったところである。そして、それをおしすすめること=当事者研究によって自分を知り、どう対処したらいいかを知る。

 当事者研究に取り組んだ統合失調症の女性は、強迫的な幻聴が現れるときは、空腹のときが多いことがわかり、幻聴が騒がしくなったときに、好物のヨーグルトやキムチ・チャーハンを食べると静まることを「発見」(!)した。「これまで、真剣に昼夜にわたって薬や注射で対応してくれた先生や看護婦さんに、実は“お腹が減っていたんです”とは口が裂けても言えないね」と申し訳なさそうに笑った(p.147)。

 月に一度や、週に一度会う医者やカウンセラーでは、とうてい発見することや診断することの困難なことを、自らの病気と向き合い、「研究」することで「発見」したのだ。十数年来苦しめられてきた強迫的幻聴を静めるすべを自ら知るということは当事者にとって、大きな前進だと思うし、興味深い「発見」である。こうしたケースがあるということは、今後の精神科医療にとって実に大きな一歩であると感じる。

 著者は、そんな当事者研究を紹介してほしいという講演依頼が多数よせられるようになり、講演のときに必ず聞かれるのは「当事者研究は浦河だから出来ることなんじゃないですか」という類の質問だという。「『当事者研究』という取り組みの一番大切なところは、定式化された方法ではなく、現実に対する向き合い方、生き方の表現」(p.25)、つまり何か困難な症状が現れたときに患者「当事者」が「研究しよう」という暮らし方、生き方、姿勢を常に持っていることだ。

 このような当事者研究にいたるには、「長年統合失調症をかかえた人たちとの相談援助をとおしてのかかわりの経験から見えてくる統合失調症の素顔は、単なる“脳の機能不全”という側面を超えて、実に人間臭さをまとった病だと感じることが多い」(p.25)との著者の認識からである。また、「薬だけでは解決できない。精神病の根源は個人ではなく、個人と個人の関係性、私が呼ぶ“あいだ”にあるのではないかと思う」という木村敏の言葉を引用しながら、脳科学の進歩により精神障害を「脳」という一つの臓器の病として認識され、「治療の手段が『薬物療法』に収斂していき、わが国の精神医療は、薬物を多種類投与する多剤多量に陥る中で、次第に人間の顔を失い、人と人とのつながりの回復という基本を見失ってきた」(p.25)との認識を示している。

 この本は、統合失調症当事者、他の精神疾患を持つ当事者、またその家族、専門家である医療従事者たちにとっても、有益な部分が多くあり、今後のわが国の精神科医療を見直す大きなきっかけとなればよいと思う。また、タイトルが「第1集」ということで、続編を期待したい。

(2008年オンライン書店BK1に投稿)







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
プロフィール

mamu895

Author:mamu895
トーシツの持病(障害)を持っていることもあり、非正規で働くアラフォー男です。なかなか本は読めないし、書評も思うように進みませんが、本は好きなので読んで良かったと思う本・感動した本を紹介していけたらなと思います。今後読みたい本なども書いていけたらと思います。最近になり改めて公共図書館の魅力を感じています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。