スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姜尚中、鈴木二郎 『民族の共生をもとめて』(部落問題研究所)1993

原理的にはナショナリズムと個人主義は矛盾しない


本書は、政治学の姜尚中と社会人類学の鈴木二郎の対談である。80ページほどのブックレットである。「民族の共生」をテーマにするという実践的な本であり、内容的にわかりやすく、ともすれば、さらりと読んでしまうかもしれない。かなり前に出版されたものであるが、現在にも通じる示唆に富む内容である。ブックレットという形式で一般向けの対談であるが、学問的にもレベルの高いものである。

対談は、日常から考える「民族」から始まり、「民族とは何か」ということが語られる。民族の指標として「われわれ意識」、言い換えればアイデンティティ、つまり主観的なものである。そこが二人の共通見解であり、エスニックな客観的指標はあまり重視していない。ここが一つポイントである。「民族的であるということは主観的なものだというのは、逆に言うとそれは相対的なものであって、したがって自分とは違うような主観的な帰属意識を持っている人を、自分とイコールなものとしてみとめなければならない」(姜p.29)。

次に両者の同意見として「東側、旧ソビエトなど」の行ってきた「民族政策」の基本的な考え方に、学ぶところがあるとの認識である。もちろん、これらの旧社会主義国は人民の自由だとか情報の公開という点で問題を多く持つのであるが、民族政策に関しては見直す必要があるとの認識である。例えば、スターリンの民族政策や、オットー・バウアーの考え方である。

民族の問題を考えていくときに、危機的なマイノリティの民族についてはアイデンティティを確認し、それをかためていくためにエスニックな要因を強化する必要があるが、しかしそれを推し進めていくと今度はマイナス要因に転化する。マジョリティの大民族という力を持つ民族については、民族意識をどんどん弱めて、うすめていくという方向をとらないといけない、との認識を鈴木は示す(p.33)。言い換えれば、多数派の力のある民族は力を弱め、抑圧されているような少数派の民族は力を強める方向にもっていくということだ。民族(ナショナリズム)の現れ方は状況により千差万別であるとの鈴木の認識から出ている発言であると思う。

このことを原理的に言い換えてみよう。ナショナリズム(民族運動)は集団主義なので、個人より集団の利益を優先する。しかし、マイノリティの民族は、個人が集団的指標(民族的指標)により抑圧されているので個人主義と矛盾しない。つまり個人を解放するには、集団的指標から解放されねばならないからだ。しかし、どの社会的運動にも見られるように、社会運動は集団を存続させるために自己目的化しやすい。運動のため運動というようにだ。個人より集団の利益を優先してしまう傾向が強くなるのである。

個人主義と矛盾しなかったマイノリティの少数民族運動(ナショナリズム)が、その否定を介さない延長線上に個人を否定してしまう抑圧の運動(集団主義)へと反転してしまうということだ。ここに革新的な少数民族擁護者と保守的な右翼的民族主義者の言説の奇妙な一致をみることができる。

そして鈴木は、「日本国民」という概念ははっきりしているが、学問的にも「日本人」とは何か、「日本民族」とは何かなんてわかっていないとの見解を示す(鈴木p.33)。世の中は、メディアも含め、あまりにも「日本人は」という言葉を使って話されるが、その「日本人」の意味する内実はなにもわかっていないということであり、相対化しなければいけない概念であるということだ。

姜・鈴木の議論は、似通っていて対談としては落ち着くところに落ち着いてしまっていることは否定できない。だからと言って耳を傾けるに値しないものでは決してないし、なれ合いにもなっていない。共通の認識として、「人権」「市民」といった普遍的概念と、「民族」といった特殊な概念とをどう結びつけるか、というのが未整理であり、これからの課題であるとする。いかに「民族」を国家から引き離し、相対化していくか、ということが議論されている。研究者にとっても、そうでなくても、一読に値する対談である。
スポンサーサイト
プロフィール

mamu895

Author:mamu895
トーシツの持病(障害)を持っていることもあり、非正規で働くアラフォー男です。なかなか本は読めないし、書評も思うように進みませんが、本は好きなので読んで良かったと思う本・感動した本を紹介していけたらなと思います。今後読みたい本なども書いていけたらと思います。最近になり改めて公共図書館の魅力を感じています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。