スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野千鶴子『 身の下相談にお答えします』

自己の利益はすべて他者につながっている

 本書は朝日新聞の身の上相談(「悩みのるつぼ」)に掲載されたものの文庫化である。

 本書のタイトルは「身の下相談にお答えします」という少々ふざけたタイトルであるが、質問も回答者である上野千鶴子も大真面目であるが、時に厳しく、時にユーモラスに答えている。

 「身の下」の質問は一章、二章で扱われている。生きていくうえで切実な性に関する「身の下」問題に鋭く答えている。あとは7章まである本書は、硬い内容のものも多い。

 上野は社会学で培った「当たりまえ」を当たりまえと思わず疑う視点、物事を相対化するといった視点と、上野自身の経験(伝聞を含めて)から、答えを導きだす。質問者にとっては、少々「イタイ」回答も少なくはないが、それは質問自体の問題を俎上にのせ、質問者自身にあえて厳しく向き合う態度ともいえる。

 上野の回答に貫かれている思想・智慧は「自己利益」優先(自らの幸福を優先)ということだろう。

 たとえば、3・11が起こってから、ようやく自分以外のことに興味を持ち始めたという質問者に対して上野は以下のように言う。

 「『自分にとっての最重要関心は自己利益』」って31歳にしてこの真実にたどりついたあなたは賢明です。はい、まったくそのとおり。(中略)3・11で急に『自分以外のことに興味を持ち始めた』ですって?逆でしょう。3・11でようやく自分の利益を真剣に考えはじめたのじゃありませんか?地震も原発も、他人事ではありません。放射能汚染に敏感になり、線量計を買いに走り、マスメディアは信用できないと思い、原発関係の本を読みあさる……ようになったのは、すべて自分のためではないでしょうか」(p.233)。

 ユニークな質問群に対し、その質問自体を相対化したり、質問の裏にあるものをえぐったり、真面目だがユニークな質問に、これまた真面目だが機転を利かせた回答に引き込まれぐいぐい読んでしまった。

 「人生相談」というのは、その質問者には「欲しい答え」があるようにも思われるが、その意図を見事に裏切る上野千鶴子の回答に脱帽の一冊だ。








にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

はじめまして、こんばんは。
コメントどうもありがとうございました!
はじめてコメントが付きました。励みになります。
上野さんの本はたくさんあるので、僕も見落としがちですが、
好きな学者さんです。
また来てくださいね、よろしくお願いいたします。



> 初めてコメント致します。
> 見の下相談、気になりますね。上野さんの文章は何度か読んだことがありますが、この本は知りませんでした。
> 来週あたり読んでみます「!
プロフィール

mamu895

Author:mamu895
トーシツの持病(障害)を持っていることもあり、非正規で働くアラフォー男です。なかなか本は読めないし、書評も思うように進みませんが、本は好きなので読んで良かったと思う本・感動した本を紹介していけたらなと思います。今後読みたい本なども書いていけたらと思います。最近になり改めて公共図書館の魅力を感じています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。