スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金子哲雄 2012『僕の死に方 エンディングダイアリー500日』小学館。


「流通」から見つめた死  

 本書はテレビでもおなじみだった流通ジャーナリスト金子哲雄さんが肺カルチノイドという難病で、宣告されてから死に至るまでの500日をつづったものである。
 
 金子さんは、明石家さんまさん司会の『ほんまでっかTV』などでも、ちょっと笑える明るいキャラクターとして売っていたように思うが、実はその裏では、綿密な調査と真剣さをもって取材に取り組んでいたことが明かされている。
 
 本書の特徴はこうだ。金子さんががんを宣告されてから、「もともと私は、明るいキャラクターで通っている。『俺、がんだから』なんて告白は、周囲の皆さんに気をつかわせてしまうだけではないか」、「がんであることを公表してしまうと、関係者には多大なご迷惑をかけることになる」(p.14)との考えから事務所・家族など一部の人だけに告白して、一般的には告白しないでおこうとしたものだ。その大変さと深く死について考えてきた金子さんの思いがつづられている。

 自身の生い立ちから、家族のこと、奥さんのこと、流通ジャーナリストを目指した訳、そして仕事のことなど、普段のキャラクターからは考えられないほど真摯な金子さんを見出すだろう。

 実際に自分が「死」を宣告されたとき、現実的な生々しいものとして受け入れることができるのだろうか。死を覚悟したうえで生きることは難しいに違いない。しかし、実際に死を受け入れ最期まで前を向いて生きぬいたのは、金子さんの生き方ではなかったか。職業柄、死に至る病を隠してはいたが、最期に本書を「エンディングダイアリー」として書いたのは、自分の死を見つめ、対峙し、社会とのつながりを最後まであきらめないその姿勢からだった。
自分の死をも「流通ジャーナリスト」として発信したのだ。

 「私を死の恐怖から救い出してくれたのは、仕事だった」(p.143)。

 在宅での終末期医療、葬儀での食事のことなども金子さん自らが納得したものをと思い準備をしたりしていた。自分の死への準備から、地域医療の問題点を考えたりもしていた。延命治療はしないというのが金子さんの思いだった。「肺カルチノイド」という聞きなれない病名をあえて皆に知ってもらいたいため、死因にしてほしいという要望も生きているときにしていた。葬儀、や戒名に至るまで死ぬ前に手を打ち、プロデュースしていた。

 最期の最期まで自分の「死」までも「流通ジャーナリスト」としての視点で見つめていた。それは、「息が絶える瞬間まで仕事をすることで、社会とのかかわりを持ち続けたい」(p.156)との思いからだった。
 
 遅ればせながら、金子哲雄さんのご冥福をお祈りいたします。








にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamu895

Author:mamu895
トーシツの持病(障害)を持っていることもあり、非正規で働くアラフォー男です。なかなか本は読めないし、書評も思うように進みませんが、本は好きなので読んで良かったと思う本・感動した本を紹介していけたらなと思います。今後読みたい本なども書いていけたらと思います。最近になり改めて公共図書館の魅力を感じています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。