FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸見一郎・古賀史健 2013 『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』、ダイヤモンド社。

「他者貢献」という導きの星

 日本ではあまりなじみのないアドラーの心理学を、青年と哲人とのダイアログ(対話)形式で説く本である。
 トラウマのような原因論を否定し、目的論的なものの考え方を強く押し出している。以下、アドラー心理学のエッセンスを引用して紹介したいと思う。

 「アドラーの目的論は『これまでの人生になにがあったとしても、今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない』といっているのです。自分の人生を決めるのは、「いま、ここ」に生きるあなたなのだ、と」(pp.56-57)。

 「あなたが変われば、周囲も変わります。変わらざるをえなくなります。アドラー心理学とは、他者を変えるための心理学ではなく、自分が変わるための心理学です」(p.115)。

 「われわれはもっと『いま、ここ』だけを真剣に生きるべきなのです。過去が見えるような気がしたり、未来が予測できるような気がしてしまうのは、あなたが『いま、ここ』を真剣に生きておらず、うすらぼんやりとした光のなかに生きている証です」(p.271)。

 「人生一般に意味などない。しかし、あなたはその人生に意味を与えることができる。あなたの人生に意味を与えられるのは、他ならぬあなただけなのだ、と」(p.279)。

 「旅人が北極星を頼りに旅するように、われわれの人生にも『導きの星』が必要になる。それがアドラー心理学の考え方です。この指針さえ見失わなければいいのだ、こちらの方向に向かって進んでいけば幸福があるのだ、という巨大な理想になります。(略)他者貢献です。(略)あなたがどんな刹那を送っていようと、たとえあなたを嫌う人がいようと、『他者に貢献するのだ』という導きの星さえ見失わなければ、迷うことはないし、なにをしてもいい。嫌われる人には嫌われ、自由に生きてかまわない」(pp.279-280)。

 「『わたし』が変われば『世界』が変わってしまう。世界とは、他の誰かが変えてくれるものではなく、ただ『わたし』によってしか変わりえない」(p.281)。

 私が深く感銘を受けたのは、幸福へ向かう導きの星が「他者貢献」という方向を向いているところだ。ここにアドラー心理学の核心があるのだと言っても言い過ぎではないのではないか、と思う。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamu895

Author:mamu895
トーシツの持病(障害)を持っていることもあり、非正規で働くアラフォー男です。なかなか本は読めないし、書評も思うように進みませんが、本は好きなので読んで良かったと思う本・感動した本を紹介していけたらなと思います。今後読みたい本なども書いていけたらと思います。最近になり改めて公共図書館の魅力を感じています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。