FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福知寿彦2014『家族が統合失調症と診断されたら読む本』、幻冬舎。

現代の「統合失調症」の理解不足を補うには、最適な一書

 最新の統合失調症とそれに関連する動向と対処法が書かれたのが本書だ。

 著者の見るところによると、最近の統合失調症は「軽症化」しているという。これは、精神科病院の敷居が低くなり、患者が躊躇なく早期に受診したり、良い薬が出てきたことで陽性症状(幻覚・幻聴・妄想など)が治まり、軽くなっているとの著者の認識だ。著者の認識だけではなく、臨床の精神科医なら誰もが気づいていることだと言う。

  陽性症状(幻覚・幻聴・妄想)と陰性症状(意欲が低下し感情の起伏がなくなり、周囲とコミュニケーションをとることが難しくなったりする)は薬により比較的抑えることができる。それらが社会生活を阻むものであった。しかし、陽性症状・陰性症状ともに薬で抑えられることで社会生活を運ぶことができるかというと、そうではない。 薬の効かない「認知機能障害」というものが社会生活を阻むことになる。それが統合失調症患者の現状だという。

 では、「認知機能障害」とは何か。本書では以下のように定義している。
「認知機能障害とは物事に対する判断や理解力などに支障が出ること。その結果としてコミュニケーション力が著しく低下することが統合失調症の大きな問題点です。患者さんの多くは、病気の発症以前に比べて、生活がしづらくなったと感じますが、それはこの認知機能障害が主な原因です」(pp.38-39)。

  本書はタイトル通り、当事者というよりも家族が理解していないといけないことや、発症後あるいは退院後の社会生活についても書いてあり、そういう意味では 実践的入門書でもある。「恋愛も結婚もあきらめる必要はない」とのパラグラフもあり、そういう意味では家族が読んでも、当事者が読んでも勇気づけられるだろう。

 統合失調症が「軽症化」しているというのは、当事者としてはうれしくもある点だ。だが統合失調症の当事者として私も「認知機能障害」には実際に多くの場面で悩まされている。

私はパートで働いてはいるが、「要領が悪かったり」、「作業スピードの遅かったり」、「記憶ができなかったり」、「会話ができなかったり」と、仕事や社会生活で困っていることの本質が書かれており、納得のいく点、腑に落ちた点も多かった。

 陽性症状・陰性症状が緩和された後に残るのが「認知機能障害」という「人間と人間の関係」つまり社会の中で解決されねばならないということだ。単純なようで、とても難しい障害であるともいえる。そういう意味で欲を言えば、「認知機能障害」について対処する方法をもう少し掘り下げてくれると良かったと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

統合失調症は、ご本人も
ご家族も、ご苦労が多いことと思います。
軽症が多くなっていることは
よろこばしいですね。

本のご紹介、ありがとうございます。
私も、この本読んでみますね(^^)

はじめまして。

私は統合失調症の一人です。
今現在完治したような状態の寛解時期にいる統合失調症の一人で
私はその体験談を今のうちに記事にしたいと思いブログという手段で発信をしております。

mamu895さんのブログ。
とっても興味があります。
まだ、遡って少ししか拝読してはいませんが、、、。
私も読書大好き人間です。

しかし、この病気を発症してから
寛解してはいるものの読解力、認知力、記憶力などなど
薬のせいもあるのか、かなり落ちました。

つたない文章ですがリハビリにと思い一生懸命ブログの記事を書いています。

mamu895さん沢山の本の紹介ありがとうございます!

これから色々な本も読もうと思っていましたし、これから本を選ぶ参考にしたいと思いました。

リンクいただいていきますね。
これからも記事楽しみにしています。

リンクのほう迷惑でしたら遠慮なくおっしゃってくださいね。

では、お邪魔しました。

Re: こんばんは

坊主おじさん さま

コメントありがとうございます!
統合失調症が軽症化というのはうれしいですが、「一般的には」という
話で、自分のことを考えるとどうも違うなぁと。
「認知機能障害」だけでなく、陽性・陰性症状ともに困る場面が
出てきています。
また、いらしてくださいねー。


> 統合失調症は、ご本人も
> ご家族も、ご苦労が多いことと思います。
> 軽症が多くなっていることは
> よろこばしいですね。
>
> 本のご紹介、ありがとうございます。
> 私も、この本読んでみますね(^^)

Re: はじめまして。

ちー☆ さま

はじめまして!
ようこそおいでくださいまし。

寛解の状態とのこと、うらやましいです。
僕はなかなか難しい位置にいて、病状は一進一退です。
このブログでは統合失調症の本を中心としていますが、
自分の病気は何なのか、どう対処していけばいいのか、
というようなことも考える、自分の身体に対する自衛手段との
意味合いと、頭のトレーニングを兼ねて書評を書いています。

これら本の紹介が参考になればこれ以上の幸いはないです。
こちらこそ、よろしくお願い致します。


> 私は統合失調症の一人です。
> 今現在完治したような状態の寛解時期にいる統合失調症の一人で
> 私はその体験談を今のうちに記事にしたいと思いブログという手段で発信をしております。
>
> mamu895さんのブログ。
> とっても興味があります。
> まだ、遡って少ししか拝読してはいませんが、、、。
> 私も読書大好き人間です。
>
> しかし、この病気を発症してから
> 寛解してはいるものの読解力、認知力、記憶力などなど
> 薬のせいもあるのか、かなり落ちました。
>
> つたない文章ですがリハビリにと思い一生懸命ブログの記事を書いています。
>
> mamu895さん沢山の本の紹介ありがとうございます!
>
> これから色々な本も読もうと思っていましたし、これから本を選ぶ参考にしたいと思いました。
>
> リンクいただいていきますね。
> これからも記事楽しみにしています。
>
> リンクのほう迷惑でしたら遠慮なくおっしゃってくださいね。
>
> では、お邪魔しました。
プロフィール

mamu895

Author:mamu895
トーシツの持病(障害)を持っていることもあり、非正規で働くアラフォー男です。なかなか本は読めないし、書評も思うように進みませんが、本は好きなので読んで良かったと思う本・感動した本を紹介していけたらなと思います。今後読みたい本なども書いていけたらと思います。最近になり改めて公共図書館の魅力を感じています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。