スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中井久夫 監修・解説 2016『統合失調症をほどく』(ラグーナ出版)。

統合失調症をほどく第一級のテキスト

統合失調症の当事者やその家族、精神科医から絶大な信頼をえている臨床の精神科医である中井久夫氏による数々の言葉をテキストとして、ラグーナ出版で働く統合失調症の「患者」たちが編みなおしたものが本書である。

そのテキストを読んで「考える患者」たちがコメントし、体験談や中井氏との対談などから構成されている。「考える患者」とはラグーナ出版で働く統合失調症患者たちであるが、ひいては統合失調症の読者たちのことでもあるだろう。

「当事者研究」で有名な北海道浦河の「べてるの家」の人々が統合失調症患者の「軟」的志向だとすると、本書の「ラグーナ出版」の人々は直接的「硬」的志向であるとい言えるかもしれない。

タイトルの『統合失調症をほどく』の「ほどく」とは、「解く」であり、回復を意味する「寛解」(かんかい)を目指すための本である。私の知る限りでは、これほどよくできた本は無いように思う。たまには本屋に行くものだなぁと感じた一書である。

また、この本は「臨床の場」、「看護師」「医師」「当事者」「その家族」にとって、きわめて有意義なものであるといえる。中井氏の言葉は統合失調症を持つものにとって、とても「腑に落ちる言葉」があり、「どうしてこうも、分かっているのだろうか?」、「そういうことか!」と感じるほどである。なぜ中井氏はこうもわかるのだろうかと考えてみると、おそらく中井氏は、ポール・ヴァレリーをはじめとして、詩歌の翻訳をやっており、精神医学的知識・経験と「詩心」と合わせ持つからではないか。詩心は、直観と理論との橋渡しをするのではないかと私には思われるのである。

私(統合失調症当事者)は、しばらくは中井久夫氏の言葉とともに、統合失調症を解(ほど)いていきたいと思うのである。2016年の中でも、収穫のあった一冊である。

ちなみに、『中井久夫集』[全11巻]が来年2017年1月、みすず書房より刊行開始されるそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

mamu895

Author:mamu895
トーシツの持病(障害)を持っていることもあり、非正規で働くアラフォー男です。なかなか本は読めないし、書評も思うように進みませんが、本は好きなので読んで良かったと思う本・感動した本を紹介していけたらなと思います。今後読みたい本なども書いていけたらと思います。最近になり改めて公共図書館の魅力を感じています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。